相続は債務も同時に引き継ぐことになる

相続ではプラスの財産だけでなく、債務も同時に引き継ぐ事になります。債務が大きくなる場合には、どう対処するのがベストなのでしょう?相続に債務があると気づいた時にどうすべきか、お話しましょう。

 

■相続と債務について知っておきたいこと

<債務があるか調べる方法>

・1~2ヶ月請求書が来るのを待つ

・通帳の引き落としなど支払い状況をチェックし、払い残しを問い合わせる

・信用調査機関にローン状況を問い合わせる

・事業主など顧問税理士がいれば連絡をとり相談する

相続はプラスの財産と債務を同時に引き継ぐので、相続を決めるときには、債務の状況をよく調べる必要があります。

<債務の扱いは債権者と協議して承認を得る>

プラスマイナスを精算して、わずかでもプラスになるなら良いですが、中には、負債が残り、支払いの責任を負わなければならないケースがあります。

この時、法定相続人の分割割合に従って負債も振り分けられます。

相続人の間で協議の上、振り分けをする場合、債権者の承認を得る必要があります。

 

■相続放棄は良く考えて

相続を放棄することが可能ですが、家庭裁判所に放棄の申し立てを行い、相続開始から3ヶ月以内に手続きをしなければなりません。

また、相続を放棄した財産の中に、管理責任を問われるようなものが含まれているときは要注意です。

民法940条の条文には…

相続の放棄をした者は、その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで、自己の財産におけるのと同一の注意をもって、その財産の管理を継続しなければならない。”

…という記載があります。家屋の相続を、負債を引き継ぎたくないという理由で放棄したとします。

その後、一向に相続人が決まらなかった場合、相続を放棄したにも関わらず、管理責任を負ったままの立場でいることになります。

 

■相続人全員で決定が必要な場面が多い

負債を含む相続で、家をどうしても残したい、家業のための資産を受け継ぎたい等の場合に、限定承認の制度を利用してプラスを超えない範囲の負債を一緒に引き継ぐ方法があります。

この場合、相続人全員が共同で申請しなければなりません。

また、遺言がない場合には、相続人全員で相続財産の分割の協議、合意のうえ、遺産分割協議書を作成しなければなりません。

不動産についても共有名義で売却するのか、代表名義で売却後分配するか検討しなければなりません。

手続き上、売却のタイミングをはかることも必要ですし、不動産業者を通じて売却するなら、相続絡みの案件に慣れた業者に相談してみましょう。

Posted in 未分類 | Leave a comment

孫にも資産を相続させたいときは?

相続の事を考えると、子供にすべて渡してしまうと、孫の代に変わる時にまた相続税がかかってしまいます。将来を見据えてあらかじめ孫に相続させたいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか?孫に資産を相続させたい時に知っておきたい事についてお話しましょう。

 

■確実なのは遺言を残すこと

法定相続人の順位は、①子、②親、③兄弟となっています。①の子が亡くなっていて孫がいる場合には、孫が①になります。直系卑属が優先される形で順位が決まります。

子と孫に同時に相続させたい場合や、子ではなく孫に相続させたいといった場合、何も対策をしていないと、孫の相続が認められないかもしれません。

遺言があれば、亡くなった人の意思を尊重して相続が行われます。

法定ルールを変更して、遺言の内容を反映させた相続ができるので、孫への相続を考えているなら、遺言を作成しておくべきです。

また、遺言の内容について、あらかじめ関係者の了解を得ておくとトラブルを避けられます。

遺言のもっともカンタンな残し方は、「自筆証書遺言」です。

遺言の内容と、生年月日、自筆署名、押印で民法上有効な遺言となります。

公的な力の強い方法としては、「公正証書遺言」があり、公証人役場で2名の証人を立てた上で行います。

 

■孫を養子縁組して法定相続人にする

相続税の控除額は、法定相続人が一人増えるごとに600万円増額します。

あらかじめ孫を養子縁組で子と同じ扱いにしておけば、子が生きているケースでも法定相続人にすることができます。

7,000万円を相続する時、子1人だけが相続する時、控除額は3,600万円となり、3,400万円が課税対象ですが、孫を養子縁組した場合には、4,200万円が控除され、課税対象額は2,800万円となります。

国税庁公式サイトの速算表によれば、養子縁組ありで相続した場合227.5万円もの違いが出てきます。

相続額が大きい場合には、養子縁組を検討する余地があるでしょう。

 

(参考)No.4155 相続税の税率

https://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4155.htm

 

■生前贈与を利用する

孫に財産を残したい場合、生前贈与の控除額110万円を利用した贈与を繰り返す方法があります。

ただし110万円を10年に渡って贈与し続けた場合、1100万円の贈与として扱われる可能性がありますから、その年によって金額を変える、111万円の贈与にして贈与税を1,000円払うといった工夫が必要です。

生前贈与では、住宅取得資金、学費、結婚資金について優遇される制度がありますから、状況にあわせてどんな方法で資産の引き継ぎを行うか検討すると良いでしょう。

また、不動産の占める割合の大きな相続では、相続税の支払いに現金が不足するケースがあります。元気なうちに住宅を売却して、孫の援助にあてるといった選択肢もありますね。

 

(参考)No.4508 直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税

https://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4508.htm

Posted in 未分類 | Leave a comment

空き家の撤去費用はどれくらい?

「特定空き家」撤去の強制執行が認められるようになり、各自治体で強制撤去に踏み切った事例が出てきています。それほどまでに空き家問題は深刻化してきています。相続した実家など、活用方法が決まらず放置されてしまうなどお困りの方も多いのではないでしょうか?空き家との付き合い方についてお話しましょう。

 

■空き家の撤去の費用が800万円?

葛飾区で行政代執行が行われたケースでは、180万円、北海道室蘭市のケースではなんとおよそ800万円が解体撤去費用でした。

一般的な見積もりサイトを除いても、住宅の解体には100万円前後の費用がかかることが多く、空き家の所有者になった場合、どうしたらよいか迷ってしまいますね。

自主的な解体なら、業者との直接交渉での値引きも考えられますが、行政代執行になれば、自治体から請求された額を支払う責任が出てきます。

また、解体して更地になれば固定資産税が上がる心配が出てきます。

しかし、特定空き家に指定されてしまえば、住宅用地の6分の1減額は使えなくなってしまいますし、何か手立てを考える必要があるでしょう。

 

■相続した家を売ったときの特例

平成31年12月31日までの特例で、相続した家を売った場合、譲渡所得が3,000万円まで控除できます。

空き家のまま放置しておくよりも、売却してしまったほうが、気持ちが休まります。

折角相続したのだから、所有しておきたいという思いもありますが、管理しきれずに建物が荒れ、不法投棄のゴミが集まり、放火や犯罪の温床にされるのではないかと考えると心配です。

譲渡所得の特例が使えるうちに売却してしまえば、こうした不安をなくすことができます。

空き家を撤去してから土地を売却した場合にも譲渡税の特例はうけられます。

また、相続税の申告期限の翌日以後3年以内なら、取得費の特例を使える可能性もあります。

 

(参考)No.3306 被相続人の居住用財産(空き家)を売ったときの特例

https://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3306.htm

 

(参考)No.3267 相続財産を譲渡した場合の取得費の特例

https://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3267.htm

 

■活用できないまま所有してもメリットがない

空き家が社会問題になっている中、活用せずに所有しているだけでは、メリットがない時代になってきています。

土地家屋は必要とする人がいてこそ価値が生まれるものです。

とりあえず値上がりを待つ…と言っても、建物は劣化して価値が年々下がりますし、入居できない家と土地の固定資産税を払い、管理をしていく負担は大きいものです。

中古住宅の活用を得意とする業者に相談すると、高価買い取りや、リノベーションして賃貸にするなど、空き家とどう付き合っていくかが見えて来ます。

解体や売却で悩んだときには、専門業者に相談すると良いでしょう。

Posted in 空き家対策 | Leave a comment

空き家は放置のままで良いのか?

活用方法が決まらない家を空き家のまま所有しているというケースが増えています。野村総合研究所が発表した予測(16年6月)によると、33年には約2150万戸にまで空き家が増加していくといいます。空き家を持っている場合のデメリットと、対処方法についてお話しましょう。

■特定空き家に指定されたらどうなる?

平成27年5月に空家等対策の推進に関する特別措置法が完全施行され、特定空き家に指定された建物の取り壊しの強制執行がいくつも実行されました。

特定空き家の条件は…

① 倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態

② 著しく衛生上有害となるおそれのある状態

③ 適切な管理が行われないことにより著しく景観を損なっている状態

④ その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態

(国土交通省)

今にも倒壊しそうな空き家やゴミ屋敷が近所にあったら、早く撤去して欲しいと思う住民感情は当然ですね。

特定空き家に認定された場合には、固定資産税の『住宅用地などの特例』も受けられなくなりますから、固定資産税が最悪6倍に跳ね上がる可能性があります。

人が住まずに放置された住宅は、傷みが早く進みますし、特定空き家になるのではと心配するより先に手を打つ必要があります。

■売りたくても買い手がつかないのでは…

はじめのうちは、思い出のある家を売ることに抵抗があったというケースでも、住むことができないまま何年も固定資産税を支払い、3ヶ月に1度様子を見にいくという生活に疲れたというKさん。

相続してから3年が過ぎ、思いのほか傷みが気になる箇所が出始めたといいます。

売るとしたらリフォームするか、更地にするしかないのかと考えていますが、かけた費用よりも高く売却できるのか考えるとなかなか踏み切れません…

■相続財産を譲渡した場合の取得費の特例

こうしたKさんのような方は多いですが、相続から3年以内に譲渡した場合には、取得費の特例を受けることができます。決めるなら3年以内がポイントになります。

(参考)国税庁 No.3267 相続財産を譲渡した場合の取得費の特例

https://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3267.htm

■現状でも売却できる方法がある

古い家を売る時に、見栄え良くリフォームしてからでなければ売れないとアドバイスされることがあります。

しかし、最近では、ストック住宅の活用が国策として進められ、瑕疵保険やホームインスペクションの制度も整ってきました。

古い住宅を現状のまま買い上げて、プロの技術で生まれ変わらせて高く売ることができる業者もあらわれています。

中古物件の取扱を得意としている業者では、現状渡しでの高価買い取りに対応していますから、住宅が傷まないうちに、こうした業者に相談すると良いのではないでしょうか。

Posted in 空き家対策 | Leave a comment

空き家にかかる固定資産税について

相続で家を引き継いだけれど、住むことができないまま所有しているというケースが増えています。しかし、いつ住めるのかメドの立たないままでは、固定資産税や維持管理の負担を感じてくるものです。空き家と固定資産税についてお話しましょう。

■固定資産税はどれくらいかかる?

固定資産税は、固定資産評価額をもとに計算され、納税通知書では、都市計画税も併せて請求されます。

・固定資産税は、課税標準額に税率1.4%を乗じて計算。

・都市計画税は、課税標準額に税率0.3%を乗じて計算。

固定資産税は、住宅として利用されている土地建物に対して特例措置があります。

・1戸につき200㎡以下の住居用地部分(小規模住宅用地)⇒課税標準額 × 6分の1× 1.4%

・1戸につき200㎡以上の住居用地部分(一般住宅用地)⇒課税標準額 × 3分の1× 1.4%

 

(参考)東京主税局 固定資産税について

http://www.tax.metro.tokyo.jp/shitsumon/tozei/index_o.htm

 

例えば固定資産評価額800万円の住宅用地だとすると、11.2万円のところ、小規模住宅用地の要件にあてはまれば、6分の1の1.86万円となります。

■空家対策特別措置法で固定資産税が6倍に!

固定資産税の計算方法をおさらいしてきましたが、小規模住宅用地として認められることで、更地の6分の1の納税額になっていたことがお判りでしょう。

更地にすると小規模住宅用地として認められなくなるので、取り壊しせず現状維持を保っている家が多かったのです。

平成27年5月26日、空き家対策特別措置法が完全施行されました。

この法律によって、『特定空き家』に認定された場合、住居建物があっても、小規模住宅用地の特例が認められなくなります。

場合によっては、固定資産税額が6倍になるというのは、こうした理由からです。

老朽化が進み、管理状態の悪い空き家は、『特定空き家』に指定され、固定資産税が高騰する恐れがあります。

■空き家の売却は早い方が良い

相続しても住むことができずに空き家にしておく場合、管理の問題も出てきます。

一戸建ての場合には、周辺の雑草の処理が必要ですし、掃除や作業のことを考えて、水道や電気を止めていなければ基本料がかかってきます。

とりあえず保存しておくという方もいらっしゃいますが、時間がたつほど、建物の価値は下がっていきます。

管理しきれなくなって特定空き家になってからでは、売りたくても売れない、売れても買いたたかれるといった心配があります。

幸い、ストック住宅の活用が国策として進められている中ですから、地元の中古物件を扱うのが得意な不動産業者なら、高価買取してくれるかもしれません。

Posted in 空き家対策 | Leave a comment

狭山茶コーラ

先日、川越にある小江戸を訪れた際に「狭山茶コーラ」というものをお土産に買って飲んでみました。いかにも薬品ぽくて手作り感ある飲み物なんですが、お茶の感じが口の中に残ってネーミングにピッタリの味😃
子供達にもウケたので、また買ってしまいそうです🎵

 

Posted in 日記 | Leave a comment

平井公園 プール 最後の夏始まる

以前、当ブログに平井公園のプールの営業は今年が最後と記事を書きました。

先日、街中の掲示板を見ると、平井公園のプールが今年の夏で閉鎖されると貼りだされていました。最終日は平成29年8月27日

暑い日が続きます。平井公園のプールで泳いで、最後の夏を楽しんでも良いかもしれません。

Posted in 日記 | Leave a comment

夏季休暇のお知らせ

タキザワ住販は、平成29年8月11日(金)より8月16日(水)まで夏季休暇に入ります。

よろしくお願い申し上げます。

Posted in 告知 | Leave a comment

雑草

草むしりした時に若葉の良い香りがします

雑草とて生きているのだ・・・と、思うと複雑な気持ちになります😢

私はいつも「ごめんなさい」と、心に呟きながら抜かせて頂いております🙇

 

 

 

Posted in 日記 | Leave a comment

荒川之下流三十景 「平井之景」

平井大橋の荒川のたもとに旧中川近辺の漫画図があります。

楽しいタッチで描かれていて、ついつい時間を忘れて見入ってしまいます。

描かれている中に会話もあるので、何となく日常が垣間見えます。

気づかれましたら、足をとめて是非ご覧ください。

by つか

 

Posted in 日記 | Leave a comment