江戸川区平井・小松川地区にある私立幼稚園をご紹介!

江戸川区平井・小松川地区にある私立幼稚園に通わせたい場合、どんな園があるのだろう、特徴などが知りたい!と思っていないでしょうか。
ここでは、これから幼稚園に通うお子さんがいる人のために、平井・小松川地区で運営されている幼稚園と、それぞれの特色などをご紹介します。
幼稚園選びの参考にしてみてください。

カトリック系の私立「小松川めぐみ幼稚」

都営新宿線東大島駅の小松川口からなら歩いて2分くらいの距離にあるので、沿線に住まいがある場合は通うのに便利です。
総武線の平井駅近隣だと、自転車で15~20分くらいを目安にしておくと良いでしょう。
地下45mまで支柱を入れた耐震構造となっているカトリック系の幼稚園で、夏になるとプールが設置されます。
日々の祈りや賛美歌、そしてクリスマス祝会では年少クラスのイエス様降誕劇などが行われています。

・日々の活動やイベントは?
全園児対象とした週一度の音楽リズムに加え、年長と年中を対象とした体操指導や英語指導、さらに年長と年少対象の絵画など、様々な時間が設けられていて色々なことが学べます。
園庭では泥団子や山作りを行えるので、泥だらけになって元気に遊べるのも魅力です。
他にも大型アスレチック遊具やロケット遊具など、滑り台や鉄棒、砂場だけに留まらない遊具の数に子どもたちも毎日楽しく過ごせます。
また、小動物や植物など、生き物と触れ合うことができる環境なのも魅力だと言えるでしょう。

・送迎バスがあるのも便利!
送迎バスが3台出ていて、全部で9つのルートを運行しています。
このコースは、前年度をベースに、新入園児の地域を加えて作っていくので利用しやすいと言えるでしょう。

【小松川めぐみ幼稚園】
所在:東京都江戸川区小松川1-2-11
電話番号:03-3638-0050
保育時間: 8:30~14:00(月~金)(ただし第2水曜日は午前保育8:30~11:00)
預かり保育:月~金(17:00まで)、夏休み、冬休み、春休み
早朝預かり保育:月~金(8:00から)

お寺が運営している私立「明聖第一幼稚園」

平井駅から歩いて10分くらいの幼稚園で、寺の施設内にあるのでとても静かな環境になっています。
お寺が運営しているだけあって、仏教思想にのっとり礼節を重んじた厳しく楽しい教育が実施されていると言えるでしょう。

・日々の活動やイベントは?
内容の濃い行事が多く行われていて、運動会や秋のお遊戯会は、練習や準備も大変でありながら、見ごたえも十分です。
お遊戯会は、保護者が衣装作りなどを担当して行う一大イベントとなっています。
体操クラブの先生が指導する体操、英語、ワーク、習字など、色々な教育が実施されています。
教育だけでなく、工作や園庭で思い切り遊ばせることもできるので、毎日子どもたちが楽しく過ごせる環境が整備されていると言えるでしょう。

【明聖第一幼稚園】
所在:東京都江戸川区平井6-17-30
電話番号:03-3613-2632
保育時間:9:00~14:00
預かり保育:月~金(17:00まで)、夏休み・冬休み・春休み
早朝預かり保育:月~土(8:00から)

Posted in 平井・小松川 地域情報 | Leave a comment

新築一戸建てを購入する際に利用できる補助金や控除制度とは?

住宅を購入するための資金は、人生の中で必要な教育資金や老後資金と並んで大きな支出であり、その金額は数千万円の規模で必要です。
その大きな金額に対し、補助金や税金の控除制度などを上手く利用して家計の負担を軽減していくこともできるので、新築一戸建てなどを購入する予定がある場合は、利用できる制度について確認しておくと良いでしょう。

「住宅ローン減税」

住宅ローンを借り入れて住宅を取得する際、毎年末の住宅ローン残高、または住宅の取得対価のいずれか少ない方の1%が10年間に渡って、所得税額から控除される制度です。
住宅ローン利用により抱えることになる、金利負担を軽減することを目的としています。

「投資型減税(認定住宅新築等特別税額控除)」

長期優良住宅や低炭素住宅など、認定住宅に対応する減税制度であり、ローンではなく現金での購入でも最大650万円控除される制度です。

「すまい給付金」

国土交通省が管轄の給付金です。
土地は消費税の課税対象ではないですが、住宅自体は課税対象です。
そこで、消費税が上がることで住宅購入者の負担が重くなること考え、負担軽減のために国土交通省が管轄となり設けた給付金です。
住宅ローン減税は所得税をたくさん支払う人にとって高い節税効果を得られる制度ですが、その効果を十分に得ることができない人を対象としています。
都道府県民税の所得割で給付額が決まりますが、例えば所得割が6.8万円以下の場合は30万円、6.89万円超8.39万円以下だと20万円という様に、それぞれ異なります。

「地域型住宅グリーン化事業」

この事業も国土交通省が管轄で行っていますが、地域の木造住宅の生産体制が強化されることを目的にしており、環境負荷を低減するために、長寿命型、高度省エネ型、優良建築物型など要件に該当する建物であれば工事費用が補助金として支給されます。
ただし依頼する予定の建築会社などが、事業の連携グループに参加していることが必要ですので確認しておきましょう。
また、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業」というものもありますが、こちらは住宅の年間自然エネルギー消費量がゼロになる住宅を実現することを目標にしており、経済産業省が管轄となって行っている事業です。

制度を利用するために注意したいこと

それぞれの控除や補助金制度には、要件や申請期限、申請方法、準備する必要のある申請書類など異なっていますので確認が必要です。
住宅性能などについては、専門家でなければ判断できない基準もあるため、購入する予定の物件が適用されるか、事前に確認しておくと良いでしょう。

Posted in 借地権売買 | Leave a comment

子どもが熱を出した時や相談したい時にオススメの江戸川区平井の小児科は?

子どもが熱を出して苦しそうという場合や、少し風邪気味で心配・・・。
予防接種はどうすれば良いの?という、子どもの体調管理や様子の違い、接種しなければならない注射など、子育てにおいて心配ごとは尽きません。
そのような場合、子どもを連れて安心して受診できる小児科があると安心ですが、江戸川区平井にも小児科として専門で開院している病院がいくつかありますので、そのうちでも特に特色の強い二院をご紹介します。

 

遊びゴコロいっぱいの「いなげ小児科クリニック

開院は平成5年6月という20年以上平井で小児科クリニックを営んでいる病院です。
院内は、まるで海の中にいるような内装になっていて海中をイメージしたイラストが壁いっぱいに描かれており、水槽も置いてあって本物の魚が泳いでいる姿を見ることもできます。
病院というと小さな子どもにとっては、恐い、痛い、苦しいというイメージが強くありますが、とっても遊び心満載の雰囲気がありますし、プレイスペースもあるので待ち時間もリラックスできます。
積み木で遊んだり、絵本を読んだりできますし、また、滅菌装置が設置されているため、院内感染防止対策もしっかりしていると言えるでしょう。
所在:平井5丁目24-8 リバースポイント1F
電話番号:03-3613-7667

子育てに不安がある時に相談したい「ぬまのクリニック」

このクリニックは通常の小児科や皮膚科の外来以外に、「STEPの会」という会が設けられています。
この会は、子どもの発達や発育で不安を感じるお母さんが、安心して相談できる場所として提供されています。
何だか自分の子どもは少し他の子と違うなあと感じることや、発達が遅れているのではないか・・・など、育てにくさを感じることもあるかもしれません。
お友達と仲良く遊べなかったり、落ち着きがなかったり、発語の遅さや食べ物の好き嫌い、何かにこだわりを強く持つなど、個性の1つだと頭では分かっていても少し疲れを感じてしまうこともあるでしょう。
そのような場合、会話や遊びなどを通じながら、発達や発育の手伝いをしてくれる会が「STEPの会」です。

・STEPの会に相談するには?
予約にてクリニックで診察を受け、その後、臨床心理士、看護師、保育士などと相談しながら子どもに必要な支援の方針を決めていくという形のようです。
個別や集団での遊びを通じて、スムーズに集団生活に入ることができるような手伝いをしてもらえますので、もし子育てに不安があるのなら一度行ってみてはいかがでしょう。
所在:平井2丁目25-11
電話番号:03-5609-6616

Posted in 平井・小松川 地域情報 | Leave a comment

江戸川区平井でおいしいと評判のパン屋さんをご紹介!

平井地区にはとてもおいしいと評判が高いパン屋さんがいくつかあります。
その中から今回は2店ご紹介するので、それぞれお店特有の特徴などの違いから食べたいパンの好みやシーンで選んでみてください。

老舗ベーカリー「さくら堂」

平井駅南口から駅前通りを都道に向かって進んだ平井四丁目交差点角にあるパン屋さんです。
平井で営業を始めて50年以上という老舗ベーカリーで、餡は全て自家製。

・お店の雰囲気は?
店内はあまり広くありませんが、奥の厨房でふっくらと焼き上げた自家製パンがずらりと並び、さらにケーキやプリンなどもあるのでデザートも買えるのが嬉しいです。

・どのパンがオススメ?
なつかしいコッペパンや、うぐいすあんパン、三食パンなど、昭和を思い出させてくれる雰囲気が漂います。

・その他お店の特徴は?
どこか懐かしい雰囲気がする昔ながらの調理パンや菓子パン。
しかも値段は手ごろでボリュームいっぱいのものばかり。
きっと満足できるはずです。

所在:東京都江戸川区平井4-9-5
電話番号:03-3681-0823
アクセス:平井駅から246m
定休日:日曜日

サンワローラン唯一の直営「パンゾウ」

ホテルや大手カフェチェーンなどが取引先で有名な、サンワローラン株式会社の直営で営業しているパン屋さんです。
本社工場の一角で、創業60年という歴史の中、手作りの良さをモットーに少量多品種の業務用パンを作り上げています。

・お店の雰囲気は?
ホテルやカフェのための業務用パンや、焼菓子を作っているサンワローラン唯一の直営店でありながら、あまり大々的な店という雰囲気ではなく、こじんまりとした店内に数多くの商品が並んでいる印象です。

・どのパンがオススメ?
アツアツの揚げたてコロッケをふわっと焼き上がったコッペパンに挟んでくれるので、無料コーヒーと一緒にその場で食べることができます。
さらにパンの耳も無料でもらえるので、おうちで子どもにラスクを作ってあげるのもオススメです。
注文してから調理されるので、出来たてホヤホヤのてりやきバーガーやコロッケバーガーを食べることができるのも嬉しいところでしょう。

・その他お店の特徴は?
工場の裏が旧中川の土手添いの遊歩道なので、ランニングやジョギング、ペットの散歩などにちょっと立ち寄って、店の前のテラス席でパンとコーヒーを楽しみながら休憩するという人も多くいるようです。

所在:東京都江戸川区平井7-2-21
電話番号:03-3616-6321
アクセス:平井駅から718m
定休日:土曜日・日曜日・祝日

Posted in 平井・小松川 地域情報 | Leave a comment

癒されました〜

森昌子のコンサートに行って来ました。

素晴らしい歌唱力・心に響く歌声に感動し『・・・の目にも涙』が出ました。

他のコンサートにも行っていますが初めての経験です。

感動する心が私にも少しは残っていたことに更なる感動です(^^♪

Posted in 日記 | Leave a comment

新築一戸建てで建売住宅を選ぶことにメリットはある?

新築一戸建て住宅の購入を考える場合、注文建築ではなく建売や分譲という形で販売されている住宅を購入する方法もあります。
建売住宅は、不動産会社が購入した土地を分割し、その分割した土地にそれぞれ住宅を建築して販売します。
一昔前までは似たような住宅が立ち並ぶことが多かったので、他人の家と似たような家を購入することに抵抗を感じる人には好まれませんでした。
しかし、今販売されている建売住宅は、外装や内装などそれぞれ住宅ごとに違いが出ているため、選ぶことが楽しくなる家も多く販売されています。
そこで、建売の新築一戸建て住宅を選ぶと、どのようなメリットがあるのか確認しておきましょう。

 

建売住宅の最大のメリットとは?

建売住宅のメリットは、まず購入前に完成した住宅をその目で確認できることです。
日当たりや間取り、リビングの雰囲気、設備、収納スペースの数など、色々な要素について事前に確認ができるので、一から家を建てる場合のように、いざ出来上がったら想像とは違っていた・・・ということは起こりにくいでしょう。
また、建売住宅は比較的費用が安めに設定されていますし、費用が明示されているので予算が立てやすいというのもメリットです。

ただし郊外などに多く建てられることが多い

また、大型の建売住宅の場合、昔は畑や田だった土地を造成して作ります。
そのため少し中心部からは離れた場所などにあることが多いのですが、建売住宅と同時にスーパーや病院、学校なども建設されることがあるので、郊外で不便そうだというイメージが必ずしも当てはまるとは言えません。
十分に利便性が高いと感じられる建売住宅もあります。

自分の要望を通すことができない

土地の広さが確定していることで、庭をあと少し広くしたいといった要望は通らないことが一般的です。
間取りやデザインなども決まっていますので、こだわりのあるデザインなどに変更することもできないでしょう。
ただし、近年では間取りにいくつかのパターンを準備する住宅も増えているようなので、家族構成などに合う間取りを選ぶことも可能なケースもあります。
また、比較的、デザイン性が高くおしゃれな建売住宅が多くなっていますので、こだわらなくても十分に満足できる家が見つかる可能性もあるはずです。

実際に足を運んでみることが大切

今後建売住宅の購入を検討している場合は、まずは色々な場所に直接足を運んでみてみることが大切です。
色々な建売住宅を見ているだけで、頭の中で想像するのも楽しいですし、これだ!と思える自分にぴったりの家が見つかる近道になります。

Posted in 不動産売却 | Leave a comment

不動産の売却は委任状があれば第三者でも手続きが可能?

不動産を売却する場合には不動産の所有者が契約を行う必要があります。
しかし高齢化が進む中で、所有者が自由に身動きできないというケースなどもあり、売却の手続きを代わりに行ってもらいたいと考える人もいるようです。
このような場合、委任状があれば本人以外でも手続きを行えるのでしょうか。

 

本来は所有者本人で売却を行うことが必要

不動産を売却する場合、本来は所有者本人で手続きを行う必要がありますので、所有者の実印と印鑑証明書などを準備していても本人に売却の意思がなければ売買契約は無効です。
しかし本人が遠方にいる場合や、身体的な事情で身動きが取れないなど、所有者本人が手続きを行えないという場合、代理人を立てて手続きを委任することができます。

委任した後の本人が負う責任は?

委任された代理人は権限内で法律行為を行い、代理人の行為に対する責任はすべて委任した本人に帰属することになります。
ただし委任されていない行為を勝手に行ったという場合は、本人に対して債権や債務が発生することはありません。
ただし買主側が、代理人に権限があると信じる正当な理由が認められた場合は、責任を負わなければならないケースもあるので注意しましょう。

代理人は何を準備する必要がある?

代理人は、所有者本人の署名・押印のある委任状と、所有者本人と代理人の印鑑証明書、所有者本人と代理人の本人確認書類を準備して代理権を証明します。
ただし代理人を立てても、契約や引渡しの時には本人が立ち会うことを求められるケースもあります。

信頼できる人や専門家に依頼すること

不動産を売却することによってとても大きなお金が動きます。
その大きなお金が動く手続きを代理人に任せることで、何らかのトラブルに巻き込まれる可能性はゼロとは言い切れません。
そのため信頼できる人に依頼することが大切なので、親や子、配偶者など身近な親族、または司法書士や弁護士など法律の専門家に依頼することが望ましいでしょう。

不動産売却を安心して行うためにも

なお、複数の相続が繰り返された不動産などは共有名義になっている場合もあるので、この場合は共有者全員の同意がなければ売却できないことに注意しましょう。
売却をすすめる場合は、共有者全員分の委任状と印鑑証明書、本人確認書類が必要になります。
いずれにしても所有者本人が売却の手続きができないという場合は、代理人を立てて行うことができます。
ただしトラブルを未然に防ぐためにも、信頼できる親族や法律の専門家に依頼するなどが必要です。

Posted in 不動産売却 | Leave a comment

相続人等に対する株式売渡請求とはどのような制度?

相続、合併、会社分割など、一般承継で株式を移転する場合、譲渡制限株式だとしても株式の移動を制限することはできません。
そうなると相続や合併などで、会社にとっては都合の悪い人が株式を取得した場合でも、会社はそれを受入れるしかなくなるのかという問題が出てきます。
このような問題を解決できるような制度として設けられている「株式売渡請求」について理解しておくようにしましょう。

株式売渡請求とは?

会社法により相続などで株式取得した人には、株式を会社に売り渡すことを請求できる相続人などに対する制度が「株式売渡請求」です。
相続人等に対して行う売渡請求は、相続、合併、会社分割など、一般承継があった事実を知った日から1年以内と期限が定められており、株主総会の特別決議を経て行う必要があります。
ただし1年を過ぎてしまうと売渡請求することは出来なくなるので注意しましょう。

協議不成立の場合は申し立てが必要

売渡請求による売買価格は、原則、会社と、株式を所有している人で協議を行い決めることになります。
協議が成立しなかった場合には、売渡請求日から20日以内に裁判所に売買価格の決定の申し立てを行うことが可能です。
申し立てを行わなかった場合には、売渡請求は効力を失うので注意しましょう。

株式売渡請求はこのように活用する

会社の譲渡制限株式を持つ株主が亡くなり、株主の相続人が株式を相続したものの、相続人が会社にとって好ましい人物ではなかったとします。経営を安定させるために、株式の譲渡を制限したくても相続では制限ができません。
この場合、相続人は参加できない株主総会の特別決議で、相続人等に対する株式売渡請求を可能とする旨を定款で定めれば、対象株式数および買取価格を相続人と協議することができます。
そうすることで相続人に株式を継続保有させずに、対象となる株式を取得することができるでしょう。

後継者が相続人だったら?

株式売渡請求は会社に好ましくない相手が株式を保有する場合に有効な制度ですが、仮に亡くなった株主が先代経営者で相続人が後継者だった場合はどうでしょう。
売渡請求についての株主総会特別決議に後継者が議決権を行使することができないので、少数株主による会社の乗っ取りが行われる可能性が出てきてしまいます。
そのため先代経営者の株式は事前に他の会社に移転すること、先代経営者の株式譲渡制限をあらかじめ外すといった策を講じておくことも必要だと言えるでしょう。

Posted in 相続 | Leave a comment

旧中川と荒川の間に存在する江戸川区「平井」の特徴

平井と聞いてどのようなことをイメージするでしょう。
旧中川と荒川、この2つの河川に挟まれた地域というイメージ、川が流れる雄大な風景と落ちついた雰囲気というイメージでしょうか。
江戸川区は東に江戸川、西に中川と荒川が流れている南北に長い区です。
西の境は荒川ではなく中川で、平井は荒川西岸ですが江戸川区に位置します。
北部は住宅が密集していますが、共同住宅は南部に多く、中部は住工混在の地域です。
それぞれ街の表情が異なっており、玄関口となっているのは北部が小岩、南部は葛西、中部は一之江です。

どこか落ち着いた雰囲気がある街

その中で平井という地域は、周囲を川が囲むように流れ、街の様々な文化を育んできました。
それぞれの川に架かっている橋は、ドラマや映画などのロケ地としても使われるなど地元の人たちにも人気のビュースポットです。
夕方の時間帯に荒川の平井大橋から見えるスカイツリーや、昭和の情緒あふれる下町の風景など、郷愁を感じさせてくれます。
旧中川に架かっているふれあい橋は亀戸と平井をつなぐ橋ですが、風のない夜になると逆さツリーが登場し、川面に映るライトアップされたツリーを眺めることもできます。

平井駅周辺の雰囲気は?

平井駅はJR総武線の駅ですが、乗降客数は1日あたり3万人程度と比較的小さな駅です。
駅の南口には戦前からの三業地があり栄えた場所で、現在も木造の味わい深い建物やいくつかの料亭、昭和レトロな雰囲気漂う喫茶店などもあり、往時を偲ばせる場所だと言えるでしょう。
なお、駅北口には「平井ショッピングセンター」があり、1階は日用品、2階は飲食店がある場所になっています。

製造業事業所が多い地域

五重塔のてっぺんや橋の欄干の上に付ける真鍮の珠を擬宝珠といいますが、平井にはこの擬宝珠の工場が存在します。
擬宝珠工場以外にも昔は多くの町工場がありましたが、現在はマンションに変わっています。
それでも250を超える製造業事業所があり、江戸川区全体の1割以上を占めている状況です。
工場の塀には小さい子どもが昔周辺で遊んでいたのか、平仮名で「はいってはいけません」といった張り紙や、「きけん」という看板など、古い昔のものが残っているのを見かけることもできます。

懐かしさ溢れる街並みの魅力が詰まった街

どちらかと昔の古いイメージや、昭和の街の雰囲気を残した場所という印象が強い平井ですが、そのような下町情緒あふれる場所はだんだんと無くなりつつあります。
近代的なマンションや利便性の高い一戸建て住宅に住むことは生活において快適さ保つためにも必要ですが、どこか懐かしいような雰囲気を残した場所が近くにある生活もほっと安心できるかもしれません。

Posted in 平井・小松川 地域情報 | Leave a comment

相続税の納税義務者は誰?財産の範囲は?

相続により譲り受けた財産である正味の遺産額が基礎控除額を超えた場合、相続税が課税されますので申告と納税が必要になります。
正味の遺産額とは、遺産総額と相続時精算課税が適用される贈与財産の合計から、非課税財産、葬式費用、債務などを控除して、相続開始前3年以内の贈与財産を加えた額です。
そして相続税を支払う必要がある納税義務者は、相続により財産を譲り受けた人で、申告や納税の期限は故人が亡くなったことを知った日の翌日から10か月以内です。

相続税の納税義務者と課税財産

相続税が課税される納税義務者となる人、そして相続税が課税される財産の範囲について、詳しく確認しておきましょう。

●居住無制限納税義務者
相続や遺贈で財産を取得した人のうち、財産を譲り受けた時に日本国内に住所を有している人(一時居住者であり、相続または遺贈した故人が一時居住被相続人もしくは非居住被相続人である場合を除く)です。
課税される財産の範囲は、取得したすべての財産となります。

・一時居住者とは
相続開始時に在留資格を有する人で、相続開始前15年以内に日本国内に住所を有していた期間の合計が10年以下である人

・一時居住被相続人とは
相続開始時に在留資格を有する人で、日本国内に住所を有していた相続に関わる故人であり、相続開始前15年以内に日本国内に住所を有していた期間の合計が10年以下である人

・非居住被相続人とは
相続開始時に日本国内に住所を有していなかった相続に係る故人であり、相続開始前10年以内のいずれかで日本国内に住所を有していたことがあるもののうち、相続開始前15年以内に日本国内に住所を有していた期間の合計が10年以下である人、または相続開始前10年以内に日本国内に住所を有していたことがない人

●被居住無制限納税義務者
課税される財産の範囲は取得したすべての財産ですが、次に該当する人です。

・相続または遺贈で遺産を取得した日本国籍を有する人で、遺産取得時に日本国内に住所を有しておらず、次のいずれかの要件に該当する人
①相続開始前10年以内のいずれかに日本国内に住所を有していたことがある人
②相続開始前10年以内のいずれに日本国内に住所を有していたことがない人(相続または遺贈に係る故人が一時居住被相続人、または非居住被相続人である場合は除く)

・相続または遺贈で遺産を取得した日本国籍を有しない人で、遺産取得時に日本国内に住所を有しない人(相続または遺贈に関わる故人が一時居住被相続人、または非居住被相続人である場合は除く)

●制限納税義務者
課税される財産の範囲は取得した日本国内にある財産ですが、次に該当する人です。
・相続または遺贈で日本国内の遺産を取得し、遺産取得時に日本国内に住所を有する人(居住無制限納税義務者に該当する人以外)
・相続または遺贈で日本国内の遺産を取得し、遺産取得時に日本国内に住所を有しない人(非居住無制限納税義務者に該当する人以外)

●特定納税義務者
死因贈与以外の贈与で相続時精算課税制度の適用を受ける遺産を取得した個人で、居住無制限納税義務者、非居住無制限納税義務者、制限納税義務者のいずれかに該当する人以外の人です。課税される財産の範囲は相続時精算課税の適用を受ける財産です。

状況を適切に把握することが必要

相続税の納税義務者になる人と財産の範囲については、相続税を計算する際に重要な部分です。ただしその判断は、相続開始時点だけでなく、それ以前の期間の故人や相続人の置かれた状況などでも異なりますのでしっかりと把握しておく必要があるでしょう。

Posted in 相続 | Leave a comment