新築一戸建てで建売住宅を選ぶことにメリットはある?

新築一戸建て住宅の購入を考える場合、注文建築ではなく建売や分譲という形で販売されている住宅を購入する方法もあります。
建売住宅は、不動産会社が購入した土地を分割し、その分割した土地にそれぞれ住宅を建築して販売します。
一昔前までは似たような住宅が立ち並ぶことが多かったので、他人の家と似たような家を購入することに抵抗を感じる人には好まれませんでした。
しかし、今販売されている建売住宅は、外装や内装などそれぞれ住宅ごとに違いが出ているため、選ぶことが楽しくなる家も多く販売されています。
そこで、建売の新築一戸建て住宅を選ぶと、どのようなメリットがあるのか確認しておきましょう。

 

建売住宅の最大のメリットとは?

建売住宅のメリットは、まず購入前に完成した住宅をその目で確認できることです。
日当たりや間取り、リビングの雰囲気、設備、収納スペースの数など、色々な要素について事前に確認ができるので、一から家を建てる場合のように、いざ出来上がったら想像とは違っていた・・・ということは起こりにくいでしょう。
また、建売住宅は比較的費用が安めに設定されていますし、費用が明示されているので予算が立てやすいというのもメリットです。

ただし郊外などに多く建てられることが多い

また、大型の建売住宅の場合、昔は畑や田だった土地を造成して作ります。
そのため少し中心部からは離れた場所などにあることが多いのですが、建売住宅と同時にスーパーや病院、学校なども建設されることがあるので、郊外で不便そうだというイメージが必ずしも当てはまるとは言えません。
十分に利便性が高いと感じられる建売住宅もあります。

自分の要望を通すことができない

土地の広さが確定していることで、庭をあと少し広くしたいといった要望は通らないことが一般的です。
間取りやデザインなども決まっていますので、こだわりのあるデザインなどに変更することもできないでしょう。
ただし、近年では間取りにいくつかのパターンを準備する住宅も増えているようなので、家族構成などに合う間取りを選ぶことも可能なケースもあります。
また、比較的、デザイン性が高くおしゃれな建売住宅が多くなっていますので、こだわらなくても十分に満足できる家が見つかる可能性もあるはずです。

実際に足を運んでみることが大切

今後建売住宅の購入を検討している場合は、まずは色々な場所に直接足を運んでみてみることが大切です。
色々な建売住宅を見ているだけで、頭の中で想像するのも楽しいですし、これだ!と思える自分にぴったりの家が見つかる近道になります。

This entry was posted in 不動産売却. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です