江戸川区のほぼ端に位置する平井駅周辺の住みやすさは?

総武線沿線で落ちついた下町といった風景を感じさせる街が「平井」の特徴で、若者向けのおしゃれなカフェなどはありませんが高級フレンチの店はあります。全体的に居酒屋や中華料理、ラーメン屋さんなどが多い街だと言えるでしょう。
平井駅周辺を居住の候補に考えているなら、メリットとデメリット両方を踏まえた上で検討してみてください。

江戸川区の端にあることのメリットとデメリット

平井駅の両隣は新小岩駅と亀戸駅という高い認知度のある街ですが、平井自体はあまり知られていないようです。江戸川区のほぼ端に位置する場所で、家賃や物価も安いといった部分がメリットです。
ただし区役所に行くまでに荒川と中川の橋を越える必要があり、書類の手続きが面倒に感じたという人もいるようです。

平井の住居環境は?

駅前は商店街が広がっていますが、大部分は住宅街です。河に囲まれているからか、のどかな環境と静かで密集した住宅街が下町風です。建物が全体的に古めなので、昔ながらの雰囲気が感じられます。
ただし注意したいのは、ゼロメートル地帯なので水害が頻発しやすい地域という事です。火災保険に加入する時に水災補償は欠かせないと言えるでしょう。

交通の利便性は?

平井駅は総武線以外の線は通っていませんが、隣の新小岩駅に行けば総武線快速に乗ることも出来ますし、2駅先の錦糸町では快速や半蔵門に乗り換える事も可能です。
また、東京駅や秋葉原にも20分かからないくらいで行く事ができるので、利便性も高いと言えるでしょう。
ちなみに平井駅のバス停からは葛西駅と東大島駅に行くことが可能です。

平井駅周辺にはどんなお店がある?

駅の出口は北口と南口があり、南口の商店街にはディスカウントストアが多くあります。商店街の規模はそれほど大きくはありませんが、個人営業の店が多く集まっています。
他にもチェーン型飲食店やスーパー、100円ショップやドラックストアなど生活に困らない店が多く集まっている印象です。
対する北口は中国系商店が多く入居しているビルが複数あります。語学学校などもあるので外国の人が増えてきており、先にも述べたとおり中華料理やラーメン店など現地の方たち向けの飲食店が多いようです。
徒歩5分圏内に様々なコンビニエンスストアもあるので、いざという時の買い物にもまず困る事はないでしょう。

ベッドタウンとして住む人が増えている

駅前は街灯も多く明るいのですが、少し離れると道が暗くなるので夜間は注意しましょう。ベッドタウンとして住む人が多いですし、アクセスラインが走っているので通勤通学時間は100円でバスに乗れるといったメリットもあります。

This entry was posted in 平井・小松川 地域情報. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です