江戸川区平井地区の小学校

荒川と旧中川に囲まれた職人の町、平井。総武線の亀戸、新小岩の間にあり、昭和レトロな魅力を残していて、メディアでも激安商店街が紹介されるザ・下町です。近未来を思わせるスカイツリーのライトアップが川面に映る景色もステキですね。そんな魅力あふれる平井の小学校事情を紹介しましょう。

 

■平井の小学校事情

江戸川区には71の小学校があり、平井地区にあるのはそのうち5校。

首都高付近に人口が集まっているので、小松川第二小学校が児童数800名と大規模な小学校になっています。

そこからやや北側の小松川小学校と、“平井”の地名を含む4校が平井地域を校区としています。

ちなみに上平井小学校は、最寄り駅新小岩のエリアにあります。

平井駅をはさんで北側の平井小学校は児童数476名、南側の小松川小学校の児童数は366名で、学年2~3クラスの規模です。

さらに旧中川のカーブの中に囲まれる平井西小学校は、児童数355名。

一番規模が小さいのは、総武線南側、旧中川付近の地域にある平井南小学校で、児童数268名です。

荒川付近の平井東小学校では、児童数285名となっています。

 

■平井小学校の活動の様子

・給食で日本巡り、世界巡りのメニューが出されています。

・ALTの外国人講師と1年生から触れ合う機会があります。

・地元企業GEによる出前授業で、より良い平井作りについて考えました。

・飛び出せ荒川探検隊で、干潟の生物観察、草原の生き物観察の活動をしました。

・プール開き前のプールでヤゴとりをしました。

学年2~3クラス規模で、地元ならではの自然に親しむ活動が取り入れられていて、子供たちはのびのびと活動しています。

旧中川と荒川がきゅっと近づいたところに位置していますから、都内に居ながらにして、川に挟まれた自然の風景があるエリアが多いですね。

 

■各校の学区一覧~(  )= 所在地

『小松川小学校(平井4丁目1番23号)』

小松川3丁目73番地以降

小松川4丁目全域

平井1丁目1番から19番、24番から27番

平井2丁目18番から23番

平井4丁目1番から3番

 

『平井小学校(平井6丁目35番1号)』

平井6丁目18番から22番、24番から77番

平井7丁目1番から4番、27番から32番

 

『平井西小学校(平井7丁目22番24号)』

・平井7丁目5番から26番、33番から34番

 

『平井東小学校(平井4丁目28番9号)』

平井1丁目20番から23番

平井4丁目4番から32番

平井5丁目20番から58番

 

『平井南小学校(平井3丁目3番1号)』

・平井2丁目1番から17番、24番から25番

・平井3丁目全域

・平井5丁目1番から19番

・平井6丁目1番から17番、23番

 

(参考)江戸川区 小学校学区域

https://www.city.edogawa.tokyo.jp/kyouiku/shisetuitiran/syogakko/shogakko/index.html

This entry was posted in 平井・小松川 地域情報. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です