マイホームを手放すと決めたら?

住み替えや転勤、ローンの滞納や離婚など、マイホームを手放すことを決心される方は少なくありません。どんな理由にしても、売却を決めたらできるだけ高く、スピーディーにことを運びたいものです。マイホームを手放すと決めたら知っておきたい流れや、高く売るポイントについてお話しましょう。

 

■媒介契約の種類について

マイホームを手放すと決めたら、不動産業者に仲介を依頼する方法がオーソドックスでしょう。

媒介契約には3種類あり、それぞれの特徴を知っておき、自分の物件に合った媒介契約を考えるとよいでしょう。

 

『専属専任媒介契約』

仲介業者1社に絞って媒介を依頼します。自分で購入希望者を見つけた場合でも、専属選任媒介を結んだ仲介業者を通して取引しなければなりません。

拘束力の強い契約ですから、次のような決まりがあります。

・契約期間は基本的に3か月以内

・指定流通機構(レインズ)への登録

・仲介業務の状態を報告

 

『専任媒介契約』

仲介業者1社に絞って媒介を依頼します。「専属選任媒介契約」と比べて違うのは、自分で探してきた相手に売却することになっても、専任媒介契約先を通さない契約が認められる点です。

 

『一般媒介契約』

複数の不動産会社に同時に仲介を頼むことができます。購入希望者の紹介を依頼しているものの、自由度の高い媒介契約です。

 

■媒介契約以外での売却方法

現在、ストック住宅の活用が国策として進められており、ホームインスペクション(住宅診断)や、瑕疵保険などの仕組みが整えられ、中古住宅市場が活気づいています。

こうした制度を追い風にして、中古住宅の価値を高めて売りに出す業者が増えています。

どんなに古い住宅でも、こうした業者の手にかかれば、新築同様の再生を遂げることも可能ですし、大掛かりなリノベーションまでしなくても、価値を高めて市場にリリースできる力を持っています。

媒介で購入者を客付けするよりも、不動産業者が買取して進めるケースもあり、より高い価格で売れる可能性があります。

特に築年数の古い物件では、こうした業者も検討してみましょう。

 

■どんな業者に相談するか

媒介契約では、提示価格の設定がポイントになりますし、直接買い取りに応じる業者では、客付け期間を短縮できるので、スピーディーな取引が可能です。

エリアの情報に詳しい業者なら、地域のニーズや相場感に優れているので、失敗のない契約ができます。

購入希望者も、地域に強いというメリットに期待して希望エリアの業者が持っている物件を検討する場合が多くなっています。

つまり物件が動きやすく、高値での売却が期待できるのです。

This entry was posted in 不動産売却. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です